« 喫煙者雪に | トップページ | 禁煙しました そしたら・・・ »

2006年2月12日 (日)

MCA

最近できた資格でMCAという資格があります。

MOTとMCPの間に位置する資格です。

マイクロソフトでは、

Microsoft Office Specialist (旧MOUS) -> MOT -> MCA -> MCP

というスキルパスが提唱されています。

ですが、一般の社会人にMOT(インストラクター資格)は不要だと思いますし、一般の社会人にMCPまでは不要だと思われます。

それより、一般の社会人には、いわゆるパソコンスキル、つまり、ハードウェアやWindowsの管理といったスキルの方が重要であり、それを体系的にを習得するには、パソコン検定試験(P検)が適しているからです。

なので、

Microsoft Office Specialist -> P検3級・準2級・2級 -> MCA

というスキルパスをお勧めします。

なお、MCAは、単純にパソコンを使うためのスキルではなく、本当にITの基礎理論から学ぶ資格ですので、上っ面のスキルではなくて本物のITスキルを身につけたい人にはもってこいの資格です。

なお、ちなみに、IT業界に就職したい方は、新人研修で習得すべき内容です。知識的なことは、経済産業省の基本情報処理技術者試験を学習すれば習得できますが、具体的にWindowsOSがどのようなアーキテクチャーで動作しているかを知るには、MCAの学習が役に立つからです。いきなりMCPは辛いという技術者にはもってこいの資格でしょう。

また、IT以外の業界の方で、ITの本質を垣間見たい人にも適しています。たとえば、システム監査の資格は持っているが、技術的に突っ込んだ話になると腰が引けてしまう会計系のコンサルタントの方などです。

具体的な概要を説明したビデオがマイクロソフトのサイトにありますので、そちらをご覧になるとよりいっそう理解が深まるでしょう。

http://www.microsoft.com/japan/learning/mca/mcamaster.asx

なお、MCAの教科書や問題集をご覧になっていただければ分かりますが、MCAが対象としているスキルは、本来、パソコンに強いと言われる人が本当に知っているべきスキルレベルです。なぜなら、パソコンのトラブル対応には必要不可欠な知識が満載だからです。付け焼刃のスキルではなく、地に足の着いたパソコンスキルを身につけたい一般の社貴人の方に最もお勧めなのが、このMCAだと言えましょう。

|

« 喫煙者雪に | トップページ | 禁煙しました そしたら・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123136/8616450

この記事へのトラックバック一覧です: MCA:

« 喫煙者雪に | トップページ | 禁煙しました そしたら・・・ »